【30代のスキンケア方法】30代は『攻め』と『守り』を取り入れる

30代は少しずつ肌に年齢を感じる時期です。シミが目立ってきたり、皮脂が過剰分泌したり…。でもそれは、今まで行なってきたスキンケアや行動の結果だとも言えます。

例えば昔から海水浴が好きで日焼け対策をせずにがっつり日焼けしてきた人は、シミが多くなりがち。また、おざなりスキンケアで保湿を怠ってきた人は乾燥による小じわが目立っているかもしれません。

反対に、毎日紫外線ケアやスキンケアを行なってきた人は肌の悩みとは無縁である可能性があります。

 

そんな30代ですべきスキンケアは、今持っている『肌悩みにアプローチする(攻め)』ことと、『将来を見据えてエイジングケア(守り)』の2つです。

肌力の下落を実感する30代だからこそ、攻めと守りを意識するスキンケアでトラブルとは無縁の肌を目指しましょう。

30代の女性が持つ肌の悩みTOP5

まず、30代の女性が持つ肌の悩みTOP5を見てみましょう。

1位:毛穴の開き
2位:シミ
3位:乾燥・カサつき
4位:毛穴の黒ずみ
5位:ハリ・弾力のなさ

シミが2位に入っていますが、40代以降では1位がシミになるほど深い悩みの一つですね。また、ハリや弾力のなさもシワやたるみへ繋がる前兆とも取れます。

肌の悩みから読み取れることは、30代の肌は少しずつエイジングサインが現れる時期ということ。

今後もその傾向は顕著になるため、やはり30代では今の肌悩みにアプローチできるスキンケアと同時にエイジングケアも取り入れることが大切なんです。

30代女性におすすめのスキンケア方法

毛穴の開き

毛穴の開きを抑えるには、肌のたるみを抑えることが大切。なぜなら、毛穴が開くのは肌がたるむことで、毛穴が引っ張られ発生しているからです。

肌がたるむ原因は、肌内部の真皮内に存在する「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」の3大美容成分とも言われる成分が減少することで起こります。

コラーゲン:肌にハリを与える
エラスチン:肌に弾力を与える
ヒアルロン酸:肌にみずみずしさを与える

これら3つの美容成分の生成は『線維芽細胞』が唯一行なっています。

しかし、線維芽細胞は加齢とともに働きが失われ、肌のハリや弾力が失われ、結果毛穴が開いてしまうんです。

なので、大事なことは線維芽細胞の働きを活性化させること。

 

線維芽細胞を活性化させるためには、成長因子(GF)と呼ばれる特定に細胞を活性化させるタンパク質の存在が必要不可欠。

最近の研究で、成長ホルモンの活性化は成長因子と密接な関係があることも判明しています。老化と成長因子は切っても切れない関係なんです。

そして線維芽細胞に関係する成長因子は、FGF(線維芽細胞成長因子)と呼ばれており、FGF配合のスキンケアを使用すれば、線維芽細胞の活性化に期待ができます。

 

FGFを保有する成分で最も有名なのが、プラセンタではないでしょうか。

プラセンタは保湿力にも優れ、成長因子も配合している優秀な成分であり、多くのコスメに使用されています。

ですが、プラセンタだけではサポートの力が足りず、線維芽細胞の促進効果もイマイチです。

そこで、弊社アスハダ-ASHADA-シリーズのパーフェクトクリアエッセンスは、プラセンタエキスの100倍FGFを保有している『羊膜エキス』を配合しました。

ハーバード大学が世界初の「若返り因子」と発表した羊膜エキスのすごいところは、それだけではありません。

FGFだけではなくEGF(表皮細胞成長因子)と呼ばれるターンオーバーに関わる成長因子の保有量も、プラセンタの100倍。つまり、肌の調子を整える効果が込まれるのです。

興味がある人は、詳細を確認してみてくださいね。

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみを抑えるには、皮脂の分泌を抑えることが大切。

なぜなら、毛穴の黒ずみとは皮脂が毛穴で詰まり、盛り上がった部分が酸化したものだからです。

 

30代の肌は20代と比較すると、皮脂量はそのままで水分量だけ減っています。そのため、混合肌の人が多くなりがちなのが特徴です。

「昔は皮脂に悩むことはなかったのに、30を迎えてテカりが気になるようになった」

という人も少なくありません。

 

皮脂の分泌を抑えるために必要なことは、日々徹底した保湿です。

入浴直後はたまったLINEを返したりするのではなく、すぐ化粧水と乳液やクリームで保湿ケアを行いましょう。

 

「保湿は化粧水だけで十分」と考える人も多いですが、これは大きな間違いです。

化粧水は水分なので、肌に浸透していく感じはしますが、これだけでは保湿力不足。

化粧水の本来の役割は『後に使う美容液や乳液の浸透をスムーズにする』ことです。

なので、保湿の観点から考えると、化粧水の後には必ず乳液かクリームで保湿してください。

 

また、保湿するときに大切なのが持続時間で、保湿が足りないとすぐに乾燥してしまいます。こまめにケアしなくてはいけないため、だいぶ面倒ですよね。

そこで弊社アスハダ-ASHADA-シリーズの化粧水ディープクリアローションは、保湿時間が24時間持続する『アクアスピード』を採用しています。

普段お使いの化粧水の保湿力に不満がある方は、是非とも手にとっていただきたい化粧水です。

シミ

シミを作らないために一番大切なことは、紫外線(UV)のケア。

紫外線はシミの元となるメラニンを生み出します。

 

メラニン自体悪者と思う人もいますが、実はメラニンは非常に大切な成分です。紫外線は物質をすり抜け肌内部まで攻撃してきます。

細胞核への攻撃をメラニンは防いでくれる重要な役割を持ち、ターンオーバーで垢となり外へ排出されます。

 

しかし、紫外線を浴びすぎてメラニンが過剰に生成されるとターンオーバーでは処理が間に合わず、滞留して色素沈着を起こし、シミとなるのです。

さらに紫外線はコラーゲンやエラスチンも破壊してしまうため、肌のたるみの原因にもなりえます。

シミだけではなく、肌悩み全体のトラブル予防のためにも紫外線のケアは大切なんです。

 

紫外線はオールシーズン降り注ぎます。そのため、夏だけ日焼け止めを塗るといった行為では不十分。

特に腕や足は衣服で隠れるためある程度防ぐことができますが、顔は紫外線を浴び続ける箇所です。

そのため、日焼け止めは毎日を塗ることを徹底してくださいね。

 

また、日焼け止めだけではなく美白成分であるビタミン誘導体を配合したコスメも有効です。ビタミンCがメラニンの生成を抑え、ターンオーバーをあげながらメラニンの排出を助けてくれます。

弊社アスハダ-ASHADA-シリーズのモイスチュアミルクには、美白成分のビタミン誘導体を配合。

シミの予防に一役買ってくれます。

既にできてしまったシミを消すのはそう簡単ではないので、シミ対策で最も大切なことは作らせない予防です。

そのためにも、紫外線ケアをしっかりと行いましょう。

乾燥・かさつき

乾燥・かさつきを抑えるには、毛穴の黒ずみを抑える方法と同じく保湿が大切です。

化粧水と乳液・クリームでしっかり保湿することには変わりありませんが、肌質でスキンケアを変える必要があります。

  • 普通肌:水分と油分のバランスが取れているため、特別なスキンケアは特に必要はありません。基本の『クレンジング』『化粧水』『美容液』『乳液』を毎日行いましょう。
  • 乾燥肌:水分が足りず、全体的に肌が乾燥してるので保湿をしっかりと。そこで『乳液』ではなく、油分が多い『クリーム』を使うと良いでしょう。
  • 脂性肌:皮脂が過剰に分泌され、油分が多い状態です。そのため『クリーム』などオイリーな化粧品の使用はできるだけ控えましょう。
  • 混合肌:Tゾーンは皮脂が多いが、その他の部位は乾燥している場合が多いです。なので、Tゾーン以外は『クリーム』でしっかり保湿してTゾーンは控えるといったメリハリをつけてスキンケアをしましょう。

皮脂分泌が多い場合、クリームを使うと油分が多くなり逆効果。そもそも皮脂は天然の保湿クリームなので、それ以上使う必要はないんです。

あなたの肌にあった適切なスキンケアで保湿を行いましょう。

ハリ・弾力のなさ

ハリ・弾力のなさは、そのままシワやたるみにもつながります。

そのため、これらを抑えるには線維芽細胞の活性化させて「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」を作り出すことです。

線維芽細胞を活性化させる手立て何もスキンケアだけではありません。食生活に気を使えば、摂取することも可能です。

◇コラーゲンが含まれる食品:豚足、鳥の皮、手羽先、フカヒレ、エイヒレ、うなぎ、ゼラチン、ゼリーなど
◇エラスチンが含まれる食品:牛すじ、豚スジ、カツオ、馬肉など
◇ヒアルロン酸が含まれる食品:納豆、オクラ、山芋、鮭、鳥の軟骨など

食事だけで摂取するのが難しいと感じたら、成分を摂取できるサプリメントもあるので利用してみるのも良いでしょう。

30代で取り入れるエイジングケア

30代で取り入れるエイジングケア

30代では、肌悩みで行うスキンケアとは別に1ランク上のエイジングケア成分が入ったコスメを利用してみましょう。

気になる部分にスペシャルケアを取り入れる、たったそれだけでスキンケアが美肌を作るための時間へと変わります。

リッチな美容液を使うと気分も上がるので心もウキウキしてくるものです。

 

エイジングケア成分に定義はありませんが、保湿以外の役割はエイジングケアの役割の担うと考えて良いでしょう。

そして、特別なエイジングケアコスメはそういった成分をふんだんに配合し、保湿以外の役割を明確にしている製品が多いですね。

例えば、弊社アスハダ-ASHADA-シリーズで言えば美容液のパーフェクトクリアエッセンスがそれにあたります。

保湿ではなく、成長因子の活性化に特化しているため、エイジングケアコスメと呼べます。

 

自分へのご褒美としても少しだけ奮発しても良いのではないでしょうか。

まとめ

30代は肌にエイジングサインが現れ始める時期。

それゆえに肌悩みも顕在化してくるものが多く、それに対するアプローチが不可欠です。

それと同時に、本格的にエイジングケア配合の製品を使用することで、40代に向けての予防にもつながります。

10年後の肌は、今のスキンケアで作られることを前提に、しっかりとスキンケアを行なっていきましょう。

関連記事

  1. スキンケアのライン使いのメリット

    スキンケアのライン使いにおけるメリット・デメリットとは?

  2. 【20代のスキンケア方法】20代で最も意識すべきは『予防』!…

  3. スキンケアで毛穴を改善

    スキンケアで毛穴を改善する方法と絶対NGな3つのこと

  4. スキンケアは化粧水だけ

    『スキンケアは化粧水だけ』が絶対NGな人の特徴とは?

  5. スキンケアの正しい順番を徹底解説!朝と夜で順番は異なる!

Comment

  • Comments (0)

  • Trackback are closed

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

☆初回購入の方限定★