【20代のスキンケア方法】20代で最も意識すべきは『予防』!

20代のお肌は10代の頃と比較すると、変化が起きやすくなっているものの、未だ健在。ある程度スキンケアを怠ってもそこまで影響が出ません。

それをいいことに、「朝洗えばいいや」とメイクを落とさずベッドに直行なんて生活を繰り返すと、お肌にどんどんダメージが蓄積されていきます。

すると、歳を重ねていくにつれ黒ずみ毛穴やシミど、様々な肌トラブルを引き起こす原因を作ってしまうことになりかねません。

 

なので、年を重ねても美肌でいるために20代女性がスキンケアで意識すべきは『予防』なんです。

今から予防をテーマにスキンケアを行うことで、将来起こり得る肌トラブルを最小限に抑えることも十分可能。

そこで今回は、20代女性が将来の美肌のためにすべきスキンケアをお届けします。

 

20代女性におすすめの『3つのスキンケア方法』

それでは、20代女性のおすすめスキンケア方法をご紹介していきますがもう一度。基本的に20代のスキンケアで心がけるテーマは『予防』です。

まだシミやシワなど、肌トラブルに悩む人は多くないはずなので、将来これらの肌トラブルに悩むかどうかはこの瞬間から行うスキンケアが鍵を握るといっても過言ではありません。

 

なので、20代で行うべきスキンケアを知り、将来の美肌作りの糧としましょう。

【黒ずみ毛穴予防】クレンジングと洗顔でメイクと汚れを落としきる!

まず大事なことは、クレンジングと洗顔です。面倒くさがって適当にしたり、何だったらメイクを落とさずそのまま寝てしまうことってありませんか?

ここを面倒くさがって適当にやってしまうと、将来的に黒ずみ毛穴となる可能性があるため、習慣化している場合は今すぐにやめましょう。

 

クレンジングや洗顔を怠ると落としきれなかったメイクや日中ついた汚れが毛穴に溜まり、皮脂と混ざることで角栓となります。その角栓が酸化すると黒ずみ毛穴となるのです。

10代の頃は汚れ自体が少ないこととターンオーバーが早いため角質が落ちる速度も早いため、毛穴が黒ずむことは多くありません、

しかし20代、30代と年を取るに連れてターンオーバーが遅くなり、古い角質細胞が毛穴にたまることで、黒ずみ毛穴となってしまうのです。

 

この問題を回避するためには、20代の頃からしっかりクレンジングでメイクを落とし、洗顔で汚れを落とすことが大切。無駄な汚れを毛穴の中ためないようにしましょう。

正しいクレンジングの方法

クレンジング剤をたっぷり手に取ります。この時クレンジング剤をケチってしまうと、油分であるメイクがしっかり落ちてくれないため、間違っても少なめはやめてくださいね。

手に取ったクレンジング剤を顔に当て、くるくると回しながら優しく撫でるようにメイクを落としていきます。摩擦が発生するとお肌に刺激となってダメージを与えてしまうため、ゆっくり丁寧に行うことが大事です。

 

また、クレンジング剤の洗い残しが毛穴詰まりの元となるため洗い残しには十分注意しましょう。

正しい洗顔の方法

クレンジング同様、洗顔も肌に優しく刺激を与えずに行いましょう。

ダブル洗顔では単純に洗顔する回数が減るため、お肌への摩擦も少なくなるのでオススメです。

 

【シミ予防】夏だけではダメ!オールシーズン日焼け対策を

今は気にならないけど、今後のことも考えるとシミや色素沈着の予防もしっかりしておきたいところです。なので、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

紫外線も強く、薄着になる夏の時期だけ日焼け止めをする人も多いと思いますが、紫外線は年中降り注ぎ、着実に肌にダメージを与えています。

 

紫外線を受けると、肌はメラニンを作り紫外線から細胞膜を守ろうとします。メラニンはターンオーバーと共にゆっくり角質まで上がっていき、28日前後でアカとして外に排出されるのが若い人の肌の特徴です。

しかし、30代以上になるとターンオーバーが遅くなり、メラニンが滞留することで色素が沈着してシミになってしまいます。

加齢とともにターンオーバーのスピードは減っていきますが、しっかり日焼け止めを使いメラニンの生成を抑えることで、将来できるシミを予防することが可能です。

 

また、紫外線のダメージは血行不良も引き起こし、くすみの原因にもなり得ます。これらを防ぐためにも、オールシーズン日焼け止めを塗る習慣を身につけましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めには『PA』『SPF』を重視して選ぶ人が多いと思います。

  • PA:UV-A波(A紫外線)を防ぎ、シミやシワの生成を抑える
    +(ワンプラス)から++++(フォープラス)
  • SPF:UV-B波(B紫外線)を防ぎ、肌が真っ赤になる日焼けを抑える
    10〜50+

 

単純に数値が大きければ大きいほど抑制効果は高くなりますが、それに応じて肌への刺激も多くなります。

なので、大きい数値の日焼け止めを利用する時は、基本的に海水浴やレジャー施設など長時間日光に晒される状況以外では使用は避けましょう。

ちょっと外をぶらつく程度であれば、一番下のもので問題ないです。大事なのは、どの程度日光に晒されるかです。

 

また、日焼け止めを塗る場合、保湿をしてから塗りましょう。最近は美容液と紫外線が一緒になった『日中美容液』も販売されているので、そちらを使用するのも良いかもしれませんね。

【テカリ予防】正しいスキンケアでお肌に潤いを!

20代になるとホルモンバランスの影響で皮脂の分泌が増加。すると、顔のテカリに繋がってしまいます。

しかし、皮脂の分泌を考慮した上でスキンケアを行えば顔のテカリを抑えることも可能。そこで大事なのが乳液やクリームの使い方なんです。

 

基本的に肌質は『普通肌』『乾燥肌』『脂性肌』『混合肌』の4つに分かれ、以下のようなケアが必要となります。

  • 普通肌:水分と油分のバランスが取れているため、特別なスキンケアは特に必要はありません。基本の『クレンジング』『化粧水』『美容液』『乳液』を毎日行いましょう。
  • 乾燥肌:水分が足りず、全体的に肌が乾燥してるので保湿をしっかりと。そこで『乳液』ではなく、油分が多い『クリーム』を使うと良いでしょう。
  • 脂性肌:皮脂が過剰に分泌され、油分が多い状態です。そのため『クリーム』などオイリーな化粧品の使用はできるだけ控えましょう。
  • 混合肌:Tゾーンは皮脂が多いが、その他の部位は乾燥している場合が多いです。なので、Tゾーン以外は『クリーム』でしっかり保湿してTゾーンは控えるといったメリハリをつけてスキンケアをしましょう。

 

これらのケアを守ることで、顔のテカリを最小限に抑えることが可能となります。特に脂性肌の人はオイリースキンケアを控えるだけでもかなり変わってきます。

まとめ

20代女性のお肌は、今後の肌トラブルに巻き込まれないために大切な予防の時期です。

ここでスキンケアをおろそかにすると今後の美肌作りに大きな影響を与えかねませんし、20代後半からでも肌の悩みが急増するかも。

 

なので、今回ご紹介した

  • 『【黒ずみ毛穴予防】クレンジングと洗顔でメイクと汚れを落としきる!』
  • 『【シミ予防】夏だけではダメ!オールシーズン日焼け対策を』
  • 『【テカリ予防】正しいスキンケアでお肌に潤いを!』

の3つをしっかりと実践してください。

これをするかしないかでどのような変化が生じるのか、10年後あなたの肌で答え合わせしましょう。

関連記事

  1. スキンケアの正しい順番を徹底解説!朝と夜で順番は異なる!

  2. 【30代のスキンケア方法】30代は『攻め』と『守り』を取り入…

  3. スキンケアは化粧水だけ

    『スキンケアは化粧水だけ』が絶対NGな人の特徴とは?

  4. スキンケアで毛穴を改善

    スキンケアで毛穴を改善する方法と絶対NGな3つのこと

  5. スキンケアのライン使いのメリット

    スキンケアのライン使いにおけるメリット・デメリットとは?

Comment

  • Comments (0)

  • Trackback are closed

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

☆初回購入の方限定★