スキンケアで毛穴を改善する方法と絶対NGな3つのこと

スキンケアで毛穴を改善

毛穴は正しいスキンケアを行えば、十分改善することが可能ですが、大事なのは毛穴タイプ別であなたに合った毛穴ケアを行うことです。

皮脂の過剰分泌が原因の『つまり(黒ずみ)毛穴』、乾燥が原因の『乾燥毛穴』、加齢による肌老化が原因で起きる『たるみ毛穴』など、そのタイプは実に様々。

それぞれ原因が違うため、これらを改善するといっても各々にあった方法の毛穴ケアをしないと効果はみられないでしょう。

 

それに、巷では間違った毛穴ケアも広まっているため、余計に正しい知識を入れておくことが重要と言えます。

ですので、まずはあなたがどの毛穴タイプなのか理解した上で、正しいスキンケアで改善につとめていきましょう。

毛穴タイプ別の改善方法

つまり(黒ずみ)毛穴のスキンケア

つまり(黒ずみ毛穴)

まずは、つまり毛穴の改善方法から。詰まり毛穴の主な原因は、過剰に分泌された皮脂と言えます。

毛穴に詰まっているものは角栓で、過剰に分泌された皮脂と古い角質細胞、落としそこねたメイクのカスなどが混ざり毛穴の中で詰まっている状態です。

角栓は酸化すると黒ずんでしまい、それが毛穴の上で盛り上がってしまうため黒ずみ毛穴となってしまいます。

 

詰まり毛穴を改善するためには、『皮脂の分泌を抑制』することを目指しましょう。

皮脂の分泌を抑えるには、保湿が何よりも大切。乾燥してバリア機能が壊れると角栓は厚くなってしまい、毛穴詰まりを促進してしまうのです。

そのため、乾燥しやすい洗顔後はすぐ化粧水で保湿をして肌に潤いを与えましょう。

 

化粧水は手のひらでしっかりなじませてから、顔全体につけてください。その時に毛穴に刷り込むようにつけるのはいけません。軽く肌になじませてあげる程度で大丈夫です。

化粧水のあとは乳液かクリームで、肌に蓋をして水分を閉じ込めてあげるのが良いですが、もともと皮脂が多い人はクリームだと油分が多くなりがちなので、乳液を使用するのが良いでしょう。

乾燥毛穴のスキンケア

乾燥毛穴

乾燥毛穴は詰まり毛穴の逆バージョンで、皮脂が不足して肌が乾燥することで起こります。

乾燥すると皮脂を出そうし“グッ”と毛穴が開いてしまう、乾燥肌の人に多いタイプです。

ですので、乾燥毛穴の改善方法も保湿をすることが一番大事。以外に思うかもしれませんが、毛穴ケアには保湿が本当に大切なんですよ。

 

また、Tゾーンは皮脂でテカるけどそれ以外はカサカサ乾燥肌という、いわゆる混合肌という人もいらっしゃいますが、基本的には保湿をしっかりしましょう。

ただし、Tゾーンには油分少な目の乳液で、乾燥部分はクリームで皮脂の代わりをするなど部位に応じて臨機応変にケアを行うことが大切です。

一番いけないのは乾燥状態で肌を放置してしまうこと。特に乾燥が続く秋冬の季節は注意してくださいね。

たるみ毛穴のスキンケア

たるみ毛穴は加齢が原因で皮膚がたるんでしまった結果、毛穴が開いている状態です。

日焼けのダメージも影響していると言われており、若い頃UVケアを怠っていた人に現れやすいタイプの毛穴とも言えるでしょう。

 

皮膚がたるむのは真皮内のコラーゲンとエラスチンが関係していると言われており、これらは加齢とともに減少していくことがわかっています。

そして、コラーゲンとエラスチンを作るのは線維芽細胞と呼ばれる細胞だけで、これ以外は生成することができません。

ですので、たるみ毛穴の人がすべきことはエイジングケアで、特にコラーゲンやエラスチンに対してのアプローチが有効なのです。

 

数あるエイジングケアの中でも、幹細胞(細胞の元となる細胞)の働きを促進すると言われている成長因子(GF)を配合したコスメを利用するのが一番ですが、特に『羊膜エキス』はコラーゲンとエラスチンの成長を促進すると言われ、『若返り因子』と呼ばれています。

参考:羊膜エキスとは?話題のエイジングケア成分について解説します。

 

また、羊膜エキスはアスハダ-ASHADA-シリーズ全てに配合していますが、特に豊富に含んでいるのは美容液のパーフェクトクリアエッセンスです。

肌のターンオーバー促進をサポートし、たるみ毛穴の改善にも一役買ってくれる頼もしい存在です。

初回購入の方限定で50%OFFキャンペーンを実施しているので、興味がある人は確認してみてくださいね。

絶対にしてはいけない3つの毛穴ケア

毛穴タイプ別の改善方法を知った上で念頭において欲しいことが、毛穴ケアには絶対にしてはいけないことがあります。

しかもこれらは巷で効果があると言われていることでもあるため、ひょっとするとあなたも実践してしまっている可能性もあるため、是非とも知識として吸収してくださいね。

皮脂を取りすぎる【ゴシゴシ洗顔】

皮脂分泌が多い人に見られがちなのが、毛穴が気になるからと言ってゴシゴシ洗顔してしまうこと。確かにゴシゴシ洗顔するのは気持ちいいのですが、逆効果。

過剰な洗顔で皮脂を取りすぎると肌のバリア機能が低下して、乾燥状態になってしまいます。

すると、バリア機能が低下した肌を保護しようと、さらに皮脂を分泌してしまうため結果的に毛穴が目立ってしまうんです。

 

それに、ゴシゴシ洗顔するということは力を入れすぎていることと言えます。力を入れ過ぎると肌に摩擦が発生して、ダメージを与えてしまいます。

それによって再び皮脂が分泌されることにも繋がるため、洗顔する時は必要以上に力を入れないようにしましょう。

逆に毛穴が目立つ!?【毛穴パック】

ドラッグストアで気軽に購入できる毛穴パックも間違った毛穴ケアの一つ。

毛穴パックは粘着性のある成分を毛穴の中に入れて汚れを取り除く仕組みですが、そもそも毛穴を無理やり開くため毛穴が目立ちやすくなってしまいます。

 

確かに皮脂が酸化している状態の黒ずみ毛穴は、毛穴パックで除去できますが結果的に毛穴がめ目立つことに繋がるのです。

実際に毛穴パックをした後はスッキリして気持ちがいいものですが、数日経過するとまた黒ずみ毛穴が復活してますよね。

ですので、あまりしないほうが良いと言えるでしょう。

無意味!【冷水で毛穴を引き締める】

もう一つ、冷水で毛穴を引き締めてもその効果は一時的なもの。

確かに毛穴は体温変化に応じて大きさが変化しますが、長くもって30分〜1時間程度で引き締め効果は失われます。

顔だけ冷却しても全体の体温は変化しないわけですから、すぐに温まってしまい毛穴の大きさには影響を与えることはありません。

 

それに、クレンジングや洗顔を冷水で行うとメイクやクレンジング剤の油分が溶けきれずに残る可能性も。

逆に熱すぎても逆に皮脂を取りすぎてしまいますから、熱すぎず冷たすぎず、ぬるま湯で行うのが正解と言えますね。

まとめ

毛穴はそれぞれのタイプ別で、スキンケアでも十分改善することは可能ですが、毛穴ケアに保湿が大事というのは結構意外と思ったかたもいるのでは?

もちろん、保湿だけで全ての毛穴が改善されるわけではありませんが、毛穴の原因には保湿がすごく関係していることをぜひ知っておいてください。

 

また、世間一般的に言われている間違った毛穴ケアにも気をつけることで、あなたの毛穴は改善に向かっていきますよ。

関連記事

  1. 【20代のスキンケア方法】20代で最も意識すべきは『予防』!…

  2. 【30代のスキンケア方法】30代は『攻め』と『守り』を取り入…

  3. スキンケアのライン使いのメリット

    スキンケアのライン使いにおけるメリット・デメリットとは?

  4. スキンケアは化粧水だけ

    『スキンケアは化粧水だけ』が絶対NGな人の特徴とは?

  5. スキンケアの正しい順番を徹底解説!朝と夜で順番は異なる!

Comment

  • Comments (0)

  • Trackback are closed

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

☆初回購入の方限定★